演劇好きななら、いつでも生の舞台を見たいと思うものです。もし地元の劇場を知り尽くしているなら、日本全国の他の劇場にも足を運んでみてはいかがでしょうか。興味がありますか?では、今日にでもリストに入れたいトップレベルの劇場をご紹介します。

東急シアターオーブ

「宙空に浮かぶミュージカル劇場」という愛称で親しまれている東急シアターオーブは、建築の傑作です。「渋谷ヒカリエ」の11階から16階の見事なガラスのアトリウムの中に位置しています。この種の専用劇場としては日本最大の規模を誇り、1972人の観客を収容可能です。劇場は主にミュージカルに使用されています。

新国立劇場

東京都渋谷区にある新国立劇場は、オペラ、バレエ、ダンス、演劇といった舞台芸術の中心的存在です。「オペラ劇場」「中劇場」「小劇場」の3つの劇場が設けられ、それぞれのステージでさまざまな公演が行われています。

赤坂ACTシアター

赤坂にある赤坂ACTシアターでは、古典劇、ミュージカル、ダンス、日本の伝統芸能など、さまざまなジャンルの公演が行われています。過去には「オペラ座の怪人」「クリスマス・キャロル」「The Love Bugs」「ロミオとジュリエット」などが上演されました。2008年にオープンした劇場には1324席があり、歌舞伎の上演でも知られています。

横浜シアターグループ、横浜市

神奈川県横浜市で活動する横浜シアターグループは英語でも上演するのが特徴で、軽快なコメディー作品を生み出しています。これまでに上演された作品には茶番劇やコミックオペラなどがあり、また、歌劇や朗読劇、リサイタルなど、演劇以外のイベントを開催することもあります。2011年からは定期的に教室も開催しています。

宝塚歌劇団、宝塚市

兵庫県宝塚市を拠点に活動する宝塚歌劇団。西洋風ミュージカルや少女漫画などを題材にブロードウェイスタイルで上演する女性だけのミュージカル劇団です。過去の公演には「アップル・ツリー」、「グランドホテル」、「キス・ミー、ケイト」、「ウエストサイドストーリー」、「十二夜」、「ロミオとジュリエット」などがあります。

国立文楽劇場、大阪市

文楽の中心地である大阪には国立文楽劇場があり、文楽を鑑賞するには最適な場所となっています。この劇場は日本芸術文化振興会によって運営され、通常、1月、4月、6月、7月、8月、11月の3週間にわたって公演が行われています。すべての公演で外国人観光客向けに英語のプログラムとイヤホンが用意されています。

名古屋能楽堂、名古屋

名古屋市にある、630席からなる小規模ながら美しい能楽堂。ここでは狂言の公演も毎月行われています。また、展示室もあり、過去の能の公演から能面や能装束などが展示されています。1997年に開館して以来、名古屋の文化的生活において重要な役割を果たしてきました。

もし機会があれば、ぜひこれらの劇場で公演を楽しむことをお勧めします。笑える作品が好きな人でも、演劇が好きな人でも、きっと楽しいひと時を過ごせることでしょう。