株式会社劇団ニホンジンプロジェクト

menu

MENU

ペットトリマー

ドッグサロンRagdoll 店長 阿部理華

ペットトリマーを志したきっかけ「小さなころから、犬にかかわらず動物が大好きでした。父が転勤族だったため、動物は飼えませんでした。その事を知ってか知らずか、初めて犬のお仕事についたのは、両親が紹介してくれた警察犬の訓練所でした。
住み込みで朝・晩関係なく働きましたが、動物好きとは言えまだ若かった私には正直少々ハード。夢半ばにあきらめ、数年間、全く関係ない仕事をしました。
でも、何か物足りない・・・やっぱり動物にかかわる仕事がしたい!!ワンちゃんが好き!!という思いを捨てきれず、移動ドックサロンを始めました。一緒に立ち上げたスタッフと周りの協力のもと、お仕事をしながらトリマーの資格をとり、早8年。私の原動力は「やっぱり動物が好き!!犬が好き!!」に尽きると思います。
他の仕事の経験もし、紆余曲折しながらも、「やっぱり私にはこの仕事しかない」という思いが今日までの私を支えてくれています。」

カット、シャンプー、爪切り、耳掃除などの工程は、嫌がるワンちゃんの方が多いそうで、どんな風にすれば我慢してくれるか、という所も個性は様々。それぞれにゆっくりと時間をかけてお互いのことを理解していくのだそうです。そういう絆を築いてくれるからこそ、ご家族の方々も安心して「またお願いしたいなぁ」と思ってくれるのだと思います。
阿部さんは、ワンちゃんの「表情」をたくさん交えてお話してくださいました。嫌がる時のコワイ顔、気持ちよさそうな顔、飼い主さんが迎えに来た時の最高の笑顔。そんなワンちゃんの豊かな表情と、トリマーさんとの絆を感じるような曲にしようと思い作った曲です。

「ペットトリマー」は『ニホンジンのうた ~タマゴ~』に収録されています。

ご購入はこちらから!

 

 

 

 

ペットトリマー

想い:ドッグサロンRagdoll 店長 阿部理華
作曲:ニホンジン 編曲:イセイジン
 

初めて会った時はまだ小っちゃな子犬だったよね
「じっとしてたくない!」「お湯なんてキライ!」
私のことが大キライ

頑張ってキレイになって ご主人に自慢しちゃおうよ
「ほらもう少しだよ」「頑張れるかな」「よくできました」

キレイになってゴキゲンな君を迎えに来たご主人に
「いい子でしたよ」と教えたら
君は「まぁね」って得意顔

大好きな家族の真ん中で
わんぱくな笑顔振りまいて
おっちょこちょいで叱られたなら
内緒話をしにおいで
内緒話をしにおいで

今では大きくなって 横顔も凛々しくなったよね
じっとしてるのも慣れたもんだね
だけどお湯だけ大キライ

少しずつ私の方も ほら上手になったもんでしょう
カットの好みや爪の切り方 任せなさいよ

やたらハシャいでる君の理由をご主人が教えてくれた
「お姉さんのこと好きなのよ」
君は「なんで?」って知らん顔

一緒に遊んでたお嬢ちゃんも
大きくなって独り立ちね
しょんぼりお昼寝しているなら
ここに遊びに来なさいよ
ここにいつでも来なさいよ

大好きな家族といつまでも
元気で過ごして欲しいから
ちょっとした変化も気付かなきゃ
それを見てるのも私の仕事ね

大好きな家族の真ん中で
わんぱくな笑顔振りまいて
おっちょこちょいで叱られている
君が私も大好きよ
ここでいつでも待ってるよ

リストに戻る