株式会社劇団ニホンジンプロジェクト

menu

MENU

漫画家

漫画家 麻生羽呂

漫画家を志したきっかけ「遊びすぎて大学を卒業できず途方に暮れていた時に、絵心だけは人並みにあったのでこの世界でなら勝負できるかもと飛び込んだ!」

麻生羽呂さんの「今際の国のアリス」が元々大好きでした。謎の世界に迷い込んでしまった登場人物たちが理不尽に命の危険に晒されながら、それでも希望を捨てず、改めて自分と向き合い、強く生きようとする。本当に大切なことに気が付いていく。その姿に、くじけそうな心が何度救われたことか…。ハラハラドキドキするだけではない、心を揺さぶるドラマのある漫画です。
麻生さんは、登場人物のひとりひとりが自分の分身だと言います。攻撃的な自分、悩みがちな自分、能天気な自分。自分の様々な面をキャラクターとして作中に登場させ、それぞれを困難に立ち向かわせていく。モヤモヤとしたものに対し本音をぶつけていく。時に矛盾した自分の内面同士を戦わせる。その作業を「魂を削る」思いで続けているのだそうです。ページの中からこちらに向けて全力で叫ぶ麻生さんを歌った、希望の歌です。
「漫画家」は『ニホンジンのうた ~タマゴ~』に収録されています。

ご購入はこちらから!

 

漫画家

想い:漫画家 麻生羽呂
作曲:ニホンジン/イセイジン 編曲:イセイジン
 

ここで生きてんぞって叫ぼうぜ

心に取り憑くモヤモヤを描こう
できるだけ生生しく
悩める貴方が「自分だけじゃない」と
楽になればいいな

世迷い言に騙されないで
自由とは何か検証 in the borderland

限界承知で生きているんかいな?一人なのかい?
ポンコツハート守っているんかいな?辛いもんかい?
もう少しページ捲っていかんかいな? 
救いの無い場所でこそ見える希望だ
ここで生きてんぞって叫ぼうぜ

この世を蝕むシガラミを描こう
「仕方ない」と思えなくて
あの日の自分とページに飛び込んで
胸の内 叫ぶよ

矛盾してる僕の想いが
具現化しては共演 in the borderland

人生最後に持っていたいもんは決まってんかい?
ずっと抱いてた感情ちゃんと伝えられそうかい?
もう少しページ捲っていかんかいな?
懸命な君にこそ見える希望が
ここに落ちてんぞって笑おうぜ

瀬戸際抜けて勝ちに行くなら
死にたがらなきゃ生きてけないよ

絶体絶命 詰んでいるんかいな?降参かい?
ジョーカーきっと残っているんだ 仕舞っちゃいないかい?

限界承知で生きているんかいな?一人なのかい?
ポンコツハート守っているんかいな?辛いもんかい?
もう少しページ捲っていかんかいな?
救いの無い場所でこそ見える希望だ
ここで生きてんぞって叫ぼうぜ

リストに戻る