株式会社劇団ニホンジンプロジェクト

menu

MENU

美容師

美容室かれん勤務 美容師 矢ノ目大介

美容師を志したきっかけ「かっこいいと思ったからです。なってみてかっこよさより、お客さんの日常が少しでもウキウキすることに嬉しさとやりがいを感じています!」

矢ノ目くんは小学生の頃からの僕(エムサイズ佐久間)の親友です。人から受けた恩をとても大事にするヤツです。もらった文章の中には、お店の常連のおばあちゃんの暖かい人柄がとても鮮明に書いてあって彼の中でそのおばあちゃんの存在がいかに大きかったかを感じました。そして何より、楽しそうに話をしている二人が鏡に映っている幸せな光景ありありと目に浮かんできました。彼の「感謝」と「決意」の気持ちを大事にしながら作った曲です。
※楽曲無料ダウンロード期間は終了しました。たくさんのご視聴、誠にありがとうございました。
「美容師」は『ニホンジンのうた ~サバ~』に収録されています。ご購入はこちらから!

 

 

美容師

想い:美容室かれん勤務 矢ノ目大介
作曲:ニホンジン

まだハサミは持たせてもらえない 覚える事だらけの日々
不安と緊張の渦の中 一人の女性と出会った

八十歳を超えてるとは思えない 甲高い声を響かせ
僕のまだ下手くそなシャンプーを「上手よ」と褒めてくれた
鏡の前で僕ら出会って
鏡の前でいつも笑って
鏡の前で僕をずっと優しく見守ってくれた
いつか自分の店を持つって
約束はまだ果たせないけど いつかきっと

あなたが入院したと聞いたけど 会いに行けず過ごしていた
それはただ元気の無い姿 受け止める勇気が無くて

棺の中で寝ているあなたは あの日のように綺麗だけど
僕が染めた髪がそのままで 伸びて白髪になっていた

鏡の前でもう一度会って
髪を綺麗にしてあげたかった
いくら願っても過ぎ去った時間は戻せなくて
あなたは最後にまた一つ教えてくれたんだね
「悔いの無いように 日々をもっと大切に」

鏡の中で二人笑って 本当の家族みたいだねって
あなたがくれた温もりで 今まで頑張ってこれた
今でも鏡の前に立つとあなたの声が
聞こえてくる 僕を支えてくれる

鏡の前で僕ら出会って
鏡の前でいつも笑って
鏡の前で僕をずっと優しく見守ってくれた
いつか自分の店を持つって
約束はまだ果たせないけど いつかきっと
リストに戻る