株式会社劇団ニホンジンプロジェクト

menu

MENU

画家

uwabami works ムトウアキヒト

画家を志したきっかけ「路上で絵を描いてたときにたまたま通りかかった人のリクエストに応えて絵を描いてみたら、とても喜ばれ幸せだったから。」

ムトウさんから頂いた歌詞を見たときの第一印象は、「なんじゃこりゃ!?」でした。言葉のチョイスや表現が独創的で、画家っぽい!と素直に思いました。そしてこの曲は「画家の不思議な世界を伝える」ということをテーマに作り始めたのですが、不思議な世界観を伝えるにはやはり絵が不可欠だな、と思いました。ぜひムトウさんが描いた絵を見ながら、イメージを膨らませながら、絵と音を五感で感じとってもらいたいです。
「画家」は『ニホンジンのうた ~ハム~』に収録されています。

ご購入はこちらから!

 

 

 

 

画家

想い:uwabami works ムトウアキヒト
作曲:ニホンジン

涙色のキャンバスに色を重ねて
描く空はどこまでも続く気がした

暗いアトリエの窓開けた 道ゆく人が止まって見えた
新しい地平線が色を帯びて
古いパステルの懐かしい匂いがそっと込み上げてく
途切れてた夢の先を彩ってゆくよ

何度も何度も色を重ねて 淡い淡い希望の空を
自分だけの感性の赴くままに
色と線だけじゃ表現出来ない不思議な気持ちを伝えたい
無限のイマジネーションを越えて

錆びた色のこのキャンバスに黒を重ねて
描く夜はいつまでも続く気がした

冷えたコーヒーの寂しさが独りの夜を悲しく見せた
音の無い暗い部屋に身を寄せて
明るいランプの暖かい光にそっと手を伸ばして
忘れてた夢の先を取り戻してくよ

何度も何度も色を重ねて 深い深い静かな空を
さらってゆく朝日の昇らぬうちに
筆とペンだけじゃ表現出来ない眩い世界を伝えたい
無限のイマジネーションを越えて

涙色のキャンバスに色を重ねて
描く空はどこまでもいつまでも続く気がした

何度も何度も色を重ねて 淡い淡い希望の空を
自分だけの感性の赴くままに
色と線だけじゃ表現できない不思議な気持ちを伝えたい
無限のイマジネーションを越えて
リストに戻る