株式会社劇団ニホンジンプロジェクト

menu

MENU

新聞記者

河北新報社勤務 新聞記者 金野正之

社会の裏側を、日々観察中。

例えばスポーツの記事を書く時、読んだ人にその試合の感動や興奮が伝わるような記事を書きたいと語る金野さん。そのためには「今日はこの人がヒットを打って勝ちました」だけじゃいけなくて、「なんで打てたのか」「それまでにどんなドラマがあったのか」を見る「目」が必要だと教えてくれました。この目で見たものを、自分らしく、気追わずに書けばいい。そうすればきっと、読んでくれたどこかの誰かにも感動が伝わるはず。言葉を扱うプロならではのその想いを、金野さんが実際に書いた記事の内容を元に歌詞にしました。

「新聞記者」は『ニホンジンのうた ~タマゴ~』に収録されています。

ご購入はこちらから!

 

 

 

リストに戻る