株式会社劇団ニホンジンプロジェクト

menu

MENU

タクシー運転手

ひろせ川交通勤務 タクシー運転手 尾形利信

タクシー運転手を志したきっかけ「いろいろな人と話しをしたり、接することが好きだから、この仕事をはじめました。」

お客さんが快適に過ごせるよう、様子を見ながら、話しかけるかどうか、どんな話をするかなど、色々なことに気を遣うという尾形さん。目的地に着いてタクシーを降りたお客さんの背中をなんとなく見つめながら、これからどんな一日を過ごすのかなぁと、ふと思いを馳せる…そんなワンシーンを歌にしたいと思いました。お客さんにとっては物語の始まりは目的地に着いてからになる訳ですが、その始まりを迎えるまでに沢山の些細な気遣いをもらったりして、そのお陰で物語がうまく運んだりするものなのかもしれないな、なんて思ったりしました。
「タクシー運転手」は『ニホンジンのうた ~タマゴ~』に収録されています。

ご購入はこちらから!

 

 

タクシー運転手

想い:ひろせ川交通勤務 尾形利信
作曲:ニホンジン 編曲:BIGSHOOTER BOYS

険しい顔で乗り込んできたサラリーマン
「北四番丁まで」と言ったきり黙ってケータイを睨んでいる
話しかけても「面倒くさいな」と思うだろう
せめて車酔いなどしないように 静かに走ろう

渋滞に捕まっちゃって なんか気まずくなってきて
思わず口走る「もうすぐクリスマスですね」って
するとあなたはハッと顔上げて あれこれ喋り出したんだ
「プレゼントは何にしようか」「娘が3歳になるんだ」

気をつけていってらっしゃいよ どうか忘れないでその笑顔
いってらっしゃいよ これからの闘いの日々へ
気をつけていってらっしゃいよ 歩いてく君をちょっと見送るよ
いってらっしゃいよ 荒波に負けない戦士よ

榴岡で乗り込んできたご婦人が
「あら、こないだもお世話になったわ」と穏やかに笑う

見覚えあったその笑顔 大学病院だったかな
向かう車の中 他愛の無い冗談を言ったなぁ
それをあなたはちゃんと覚えてて「おかげで元気になった」とか
「運転手さんありがとう」って言われてなんか照れ臭いなぁ

気をつけていってらっしゃいと 送り出すまでの短い間
ほんのちょっとでも 大切に出会いを重ねよう
気をつけていってらっしゃいと 今度は僕の方が言われたよ
いってらっしゃいよ またいつか どこかで会いましょう

国分町はよっぱらいだらけ 吐かないでって言ったでしょ
恋人達はイチャつき放題 ここはホテルじゃないからね
色んな人がいるこの街を今日も走る

気をつけていってらっしゃいよ どうか忘れないでその笑顔
いってらっしゃいよ これからの輝ける日々へ
気をつけていってらっしゃいよ 歩いてく君をちょっと見送るよ
いってらっしゃいよ またいつか どこかで会いましょう
リストに戻る